死亡診断書

提供: Demopædia
移動先: 案内検索
死亡診断書  


死亡統計は通常、死亡届(211参照)から作成される。死亡が発生すると死亡証明書 1が発行され、死亡証明書に記載された情報から統計が作成される。いくつかの国では死に立ち会った医師によって作成される死亡診断書 2と、法的目的の為に作成される死亡診断書が区別されている。

  • 1. イングランド・ウェールズにおける最初の死亡統計は、一般に埋葬登録簿burial registersに基づいて作成される死亡証書bills of mortalityから作られた。人口動態登録に欠陥がある国では、一定期間、通常は調査の前年1年間における死亡に関する調査をもとに死亡統計が作成される。死亡の間接推定indirect estimation of mortalityでは、調査における出生児637-2)の中の生存子供数number of children surviving、遺児かどうかの状態orphanhood status、寡婦かどうかの状態widowhood status、などの質問項目が用いられる。